100万人って、すごい人数ですなぁ。

任意整理人口が推定年間100万人というサイトを見ました…。
又、違うサイトでは推定人数がもっと多かったです。
任意整理は法的手段でないので、はっきりした人数は解らないみたいです。

平成24年度の自己破産数は約9万件、個人再生件数は約9千件だそうです。
自己破産の方が圧倒的に多いんですね。
それでも、以前に比べると、かなり減少している様です。

自己破産や個人再生で回収出来ない元金って、いくら程あるんでしょうねぇ?
とてつもなく多いんでしょうねぇ。

ふと感じた事なのですが、任意整理をした今だから思うのですが任意整理でも個人再生でも、ブラックになるのは一緒の事なので、個人再生前提で借金した方が得なんじゃないかって思うんです。
わしの場合は嫁さんに内緒の借金やったんで、財産となる預金・学資保険・保険の解約返納金等が多かったので任意整理になりましたが、現在の収入・生活費・月々返済金を考えたら返済終了までに預金を食い潰してしまいます

500万円の借金を個人再生で、100万円に圧縮を出来て3年間の返済やったら月々2万8千円の返済です。

わしは今、月々11万円の返済ですが、毎月5,6万円は預金を食い潰しています。
という事は月々6万円までは返済可能で、個人再生やった場合、月3万円は逆に預金出来るんですよ。
3年で100万円の預金です。

4年以内に預金0円か、3年で預金100万円かって事ですよ。

まぁ、わしの場合は学資保険が有るから、それで子供の進学準備出来るから良いのですが、預金が0になった時に、月々返済をどうすんねんって事ですわ。
恐らく、3年後位には預金が無くなります…。
その時の債務残金100万チョイ円。
100万円は学資保険・解約返納金・退職金見込み額の8分の1で恐らくニアリーイコールとなります。
個人再生は無意味です。


どないすんねん!!


収入金額 < 返済金額


3年以内に解決せねば…。


おいおい!

解決なんて できんやろ!


解決策は

収入UPのみ!



う~ん、違う!


3年間で副業で100万円貯める!




どちらかやね。




以上。


応援お願いします。

にほんブログ村

債務・借金 ブログランキングへ